VOICE職員の声

次世代の介護医療カンパニーを創る
介護医療のこれからを支えるmusubiの職員を紹介します。

01

一人一人の色を大切にする会社!

  • 2014年入社
  • 住宅型有料老人ホームmusubi アシスタント

一人一人の色を大切にする会社!

入社の決めては?

目に留まったきっかけは、『雰囲気がオシャレ』『社長も職員も若い』『規模が小さい』ことです。 特に規模が小さければ、会社の仕組みを知るきっかけが多いのではないかと考えていました。入社の決めては、面接と現場見学でした。 職員の雰囲気はホームページで見ていた通り明るく、館内も大きな窓があり、陽の光で明るく感じたことが印象的でした。 また、面接の服装の指定が私服だったこと、グループ面接に来た他の学生が個性的だったことも、一人一人の色を大切にする会社なのだという印象を受け、決意が固まっていきました。

ホームに笑顔が増えたとき

仕事のやりがいは?

沢山の人生の瞬間に立ち会えることです。様々な人生を、歩んでこられた入居者様と過ごす日常は、普段友人などと過ごすだけでは得られない刺激に満ちています。 日々、入居者様と共に老いについて向き合い、多職種と連携をとりながら『暮らしのプロデュース』をしています。 入居者様一人一人が元気でいれば、ご家族も安心されますし、入居者様同士や職員間でも笑顔が増えていきます。 それを実感したときは、この仕事を選んでよかったと感じます。今はリーダー候補として、住み心地のいいホームに加えて、職員にとって働きやすい会社にすることを考えています。


安心して働くことができる

musubiの魅力は?

当たり前かもしれませんが、安心して働くことが出来ます。例えば、自身の病気や子供の発熱など、急な私用があった場合でも、上司や同僚がフォローしてくれます。 併設しているクリニックは職員も利用でき、出勤のついでに受診することも可能です。 他にも、多職種間の連携がとれているので、イベント事や、入居者様のささいな変化にすぐに対応でき、 不安なことや疑問に感じたことは、すぐに相談することが出来ます。また、食事がおいしいので出勤時の食事は厨房で注文して、入居者様と同じ食事をいただいています♪


02

今までに感じたことのないワクワクを感じた!

  • 2013年入社
  • サービス付き高齢者向け住宅musubiまちの家
    アシスタントリーダー

今までに感じたことのないワクワクを感じた!

入社の決めては?

会社説明会に参加した際に、これまで参加した説明会では感じたことのない、ワクワクを感じたからです。 就職活動において私が大切にしていたことは『自分の軸を持つ』ことでした。 人の人生に携わる仕事に就きたいと思っていた私は、最初から福祉系に業種を絞っていたわけではなく、 複数の業種の説明会に足を運んでいました。 そんな中、弊社の会社説明会に参加し、こんな仕事がしたい!という気持ちが強くなりました。 面接でも自分の思いを素直に話すことができ、面接が楽しいと思えたのもこの会社だけでした。

入居者様に『私にはこれができる』と自信を持ってもらう

仕事のやりがいは?

入居者様のために何をすべきかを考え、仕事を創っていくことにやりがいを感じています。 私たちの仕事は『出来ることを奪うこと』ではありません。 自分のペースで何もかもやってしまえば、仕事は早く済むでしょう。 しかし、それでは入居者様の残存機能を奪ってしまうことになります。ボタンかけの1つでもいいから、 入居者様に『私にはこれができる』と自信を持っていただきたいのです。また、現在現場リーダーを任されて約2年が経ちました。 スタッフとのコミュニケーションを大切にし、出来るだけ風通しのよい環境を作るようにしています。


プライベートの時間も大切にすることができる

musubiの魅力は?

魅力は2点あります。1点目はホームが明るくきれいであることです。 開放的な空間というのは、入居者様にとってもスタッフにとっても大切だと思います。その中で仕事が出来ているのは恵まれていると感じています。もう1点目は、できるだけ定時で退社できるよう、 スタッフ間で仕事の進み具合を確認し合えているところです。もしも大幅な残業になってしまった場合は「変形労働制」を利用することもできます。 例えば2時間残業した場合、後日2時間早帰りができるというシステムです。そのおかげでプライベートの時間も大切にすることができています。


03

新しい展望でたくさんのチャレンジができる

  • 2016年入社
  • 訪問看護ステーションmusubi管理者

考えに共感してくれる上司のもと、もう一度ここで頑張ろうと決意!

入社の決めては?

私は以前1年間勤務していましたが、当時の私は訪問看護の知識が乏しく、出来ないことのもどかしさがあり、さらに知識と経験が得られる環境を求め転職しました。 3年後に現在の上司から、高齢者住宅への看護の現況を聞かされ、私が培ってきた経験を再びmusubiで活かしてみないかと声をかけていただきました。 私の看護観でもある、『最期の時間を、住み慣れた場所で、日常生活を送りながら迎える。』『どのような状態であってもあきらめずに、喜ばれることは何か、その方の人生に寄り添い、 多角的に考えアプローチする。』 こういった尊厳を大切にする考えに共感してくれる上司のもと、もう一度ここで頑張ろうと決意し入社しました。

自分の考えるケアの実現

仕事のやりがいは?

人としての尊厳を保ちながら、残された人生の時間を、穏やかに過ごしてもらえるようなケアを考え、 『利用者様のこれまでの人生や、人間関係などの全体像、人となりに思いをめぐらせながら、関わっていくサービス』ができるところです。治療優先の病院の役割上、できなかったことなのでとてもやりがいを感じています。


新しい展望でたくさんのチャレンジができる

musubiの魅力は?

新しい展望でたくさんのチャレンジができる会社です。 自分たちで考え、創り上げることは、自分だけでなく周りの人の成長にもなり、 組織の成長となっているのを実感できるのが魅力です。実際にこれまで行っていなかった、高齢者住宅の看取りをケアマネージャー・アシスタント・厨房スタッフなどと、 協力しながらチャレンジし実現してきました。現在は高齢者住宅だけでなく、在宅への訪問も行っています。 ご家族や他事業所の様々な職種の方と、切磋琢磨しあいながら看取りはもちろんのこと、住み慣れた家、地域で安心して生活ができるようなサポートをできるように働きかけています。 今後は『高齢者住宅という輪から地域の輪という視野へ』さらに大きく社会貢献していきたいと思っています。


04

  『介護業界の課題や、目指したい未来』が一致!

  • 2010年入社
  • エリアマネージャー

『介護業界の課題や、目指したい未来』が一致!

入社の決めては?

私が入社をしたのは2010年8月で、弊社が1棟目の高齢者住宅を立ち上げて、9月にOPENを控えた時期に入社をしました。 当時の私は、自分自身のスキルアップを目指していた時期であり、介護への熱い思いがありました。 高齢者介護の未来を、本気で考えている職場で働きたいと考えていました。求職時に『musubi』が目にとまり、面接で代表の思いを聞く事になり、自分自身が感じていた 『介護業界の課題や、目指したい未来』が一致したことから入社を決意しました。

利用者様とスタッフとの関わり

仕事のやりがいは?

利用者様が自分らしさを出せて、元気にしたいことができている姿を見られる瞬間です。 私は高齢者の方から『人の世話になりたくない、自分でもできる!』という気持ちを聞くことが多いのですが、その思いを尊重し、 入居者様がしたいことをできる関わり方が、できた時に喜びを感じます。 それとスタッフの成長を感じられた時に喜びを感じるようになりました。 介護の仕事は、人間力がすごく身につく仕事です。その反面、人との関わりで悩むことが多くあります。 その悩みを聞いて、解決に向けて一緒に考え、乗り越えた時の成長を見ることが出来た時はすごく嬉しいです!


相手の思いを聞く風土

musubiの魅力は?

弊社の魅力はずばり、相手の思いを聞く風土があることです。 仲間を思いやり、尊重する風土は弊社の自慢の一つです。また『社会(特に地域)に必要とされる企業』を目指しており、常に先を見据えて行動しているところも魅力の一つです。 『高齢者が自分らしく生活できる地域を創る』一緒に地域のQOL(生活の質)向上を目指しましょう!musubiは『地域や高齢者の暮らしが豊かになることを本気で考えている会社』です。