カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

musubiのカフェ

2011年11月02日


 

「となりのトトロ」の題名が「トトロ」だとおかしいんだと思う。

 

 

「天空の城 ラピュタ」の題名が「ラピュタ」でもおかしい。

 

 

 

 

宮崎駿さんの映画には

 

 

ほとんど、「の」が入っているというのは有名な話ですが、

 

 

 

それはジブリの温度感を出そうと思った時に

 

 

「の」が必要だっただけではないでしょうか。

 

 

 

 

もし、「トトロ」という題名だったら、怪獣の映画っぽくなる。

 

 

もし、「ラピュタ」という題名だったら、洋画っぽい。

 

 

 

 

「の」という文字は日本特有の奥ゆかしさや温かさ、

 

 

 そしてゆるさを表した文字だと思うし、

 

 

言葉に温かみを与える、最も日本語っぽい文字だと思っている。

 

 

 

 

 

だから、そんな温かさを出したかったから、

 

 

 

あえてカフェの名前に「の」を入れた。

 

 

 

 

そして、隣にmusubiがあるから「の」を入れる意味がある。

 

 

 「あ~。musubiさんのところのカフェね。」みたいに。

 

 

 

 

カフェのターゲットは地域の人、全員。

 

 

誰が来ても、ゆっくりできる、そんな普通のカフェを目指しています。

 

 

 

だから、「アットホームさ」とかが大事なんだと思う。

 

 

そして、コンセプトの半分は「musubi」。

 

 

 

 

あの人がいるから、あのカフェにいく。

 

 

あの料理がおいしいから、あのカフェにいく。

 

 

 

そんなカフェになればいいと思います。

 

 

IMG_5076.jpgのサムネール画像 

 

 

 

「musubiのカフェ」

 

 

2011年11月3日にオープンします。

musubi

大阪府東大阪市の住宅型有料老人ホーム「musubi」。安全で安心できる「介護・医療体制」とご入居者様に安らぎや楽しみを感じて頂くための演出を大切にしています。

ホームページはこちら。
http://www.musubi-ss.com

ブックマーク